自由に生きるために不必要なたった一つのこと!

2016年5月14日

理不尽な上司や使えない部下。
もうこんな息苦しい毎日は嫌だ!

そんな風に思うこともありますよね。

もっと自由に生きたい。
自分らしい人生を送りたい。

そんな方にお伝えしたい「自由に生きるために不必要なたった一つのこと」があります。

それは「依存心」です。

これさえなければ、あなたは限りなく自由に近づいていきます。

会社に依存する
働く場所に依存する
先生や講師など、教えを乞う方に依存する
国に依存する

など依存する心は、思考が停止した状態になりがちです。

思考が停止すると、その問題の解決策を見つけることをせず、
会社のせいにしたり、国のせいにしてしいます。

問題を自分以外のせいにするのは簡単ですが、
自分以外のせいにしてしますと、

「これは自分の問題ではないからしょうがない」
「自分で解決できる問題ではない」

となり、その世界から抜け出せなくなります。

ID-100311261

また、依存心をなくすとその問題の課題の分離ができます。

課題の分離をすると、自分の問題と他人の問題とが明確に分かるようになります。
(他人とは自分以外の人のこと)

他人の問題は他人の問題と割り切れるので、自分では解決できないことに力を取られることもなくなり、自分の問題だけに力を使うことができます。
(課題の分離は、世界的心理学者のアドラーの「嫌われる勇気」という本がおすすめです)
いきなりすべてのものから依存心をなくすことは難しいですが、
一つ一つ自分を解放してあげてくださいね。

依存心をなくすことは、福沢諭吉の「学問のすすめ」を読むと詳しく理解できると思うので、
興味がある方は読んでみてもいいかもしれません。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です