妊活も過ぎ去ればあっという間だった

2016年6月14日

N112_nayandahyoujyou500

 

なかなか子どもに恵まれず、病院に2年ほど通っていました。

最初は出産も取り扱う産婦人科でした。人工授精を何度か行いましたが、妊娠には至ることはありませんでした。排卵前には薬を飲んだり、注射に通ったりしました。注射を打つ痛みの辛さよりも、仕事との両立に辛さを感じていました。
そして、院長先生の勧めもあり、次は不妊専門の病院へ転院。

ここからはあっという間に過ぎ去っていきました。以前の病院とは違い、全く自分の都合は優先されません。仕事との両立は困難なはずでしたが、困難と思う暇さえなく、ただただひたすらに言われるがままにこなしていく日々でした。
でも排卵前の自己注射をする時に、誤って注射針を自分の指に刺してしまった時にはさすがに張りつめていた糸が切れたかのように泣けてしまいました。

でも立ち止まっている暇もなく、その後もこなし続けました。
そして無事に採卵・移植・妊娠判定となり、順調な経過を経て、不妊専門クリニックの卒業となりました。

本当に過ぎ去ればあっという間でした。出産後はあの時の妊活時の辛さも忘れてしまうぐらい、楽しく幸せな日々が待っていました。
先の見えない妊活期間ではあると思いますが、出産までたどり着いた時はきっとあっという間の日々だったと思えることでしょう。

出産後にはダイエットと産後の栄養補給も含めてミドリムシサプリを摂取することが多かったですね。

そのミドリムシ効果はとても気にいっているのでこれからも続けていきたいです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です