ふと洗顔した後、鼻の毛穴からぽつぽつと白いものがでてくることがあります。 ひどい人は何年もこうした毛穴のトラブルの悩まされていますが、悩めば悩むほどムリな対処法をしがちです。 火山灰やフルーツ酸入りの洗顔料 ゴシゴシと力を入れて擦る… 刺激の強い洗浄スクラブ…etc この白いものは角栓といわれるものです。 ざっくりと対処法を説明すると、何もしなくていい。っというのが正解です...

当然みたいに扱うボディソープなのですから、肌に優しいものを使わなければいけません。そうは言っても、ボディソープの中には肌がダメージを受けるものも稀ではありません。 敏感肌が原因で困惑している女性の数はものすごい数にのぼっており、調査会社が20代~40代の女性を被験者として行った調査をチェックすると、日本人の4割強の人が「常に敏感肌だ」と思っているみたいです。 透明感が漂う白い肌を保つために、スキン...

30代後半や40代以上にもなると、目元の小じわ(通称ちりめんじわ)が気になってきます。小じわになる原因は乾燥や紫外線による影響が大きいです。ですから、目元の乾燥を防げるアイクリームでしっかり保湿することが必要です。ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が目元の小じわに働きかけ、肌にハリを与え、若々しい印象になれます。ほとんどの見た目年齢の印象は目元で決まると言われているのでこの部分の悩みというのは...

理不尽な上司や使えない部下。 もうこんな息苦しい毎日は嫌だ! そんな風に思うこともありますよね。 もっと自由に生きたい。 自分らしい人生を送りたい。 そんな方にお伝えしたい「自由に生きるために不必要なたった一つのこと」があります。 それは「依存心」です。 これさえなければ、あなたは限りなく自由に近づいていきます。 会社に依存する 働く場所に依存する 先生や講師など、教えを乞う方に依存する 国に依存...

夏に痩せたかったら食制限じゃない!運動で痩せる!
未分類 / 2016年8月14日

夏場に向けて、汗をかかない場所でダイエットを頑張っています。私のダイエットは運動して肉体を引き締めるダイエットを採用しています。食事制限は、間食をしないぐらいで、三食に関しては全く制限してないです。 その分、運動においては気をつけています。夏場が近づくと、汗を自然にかきます。しかし、汗をかいても痩せるとは限らないです。温度が高く温度調整として汗をかいてるだけの場合は、体の水分が出てるだけで脂肪燃焼...

リバウンドを繰り返すダイエッターが痩せたダイエット方って?
未分類 / 2016年8月8日

ダイエットを行った事は沢山ありますが、いずれにしても一時的に効果が出て、途中で辞めてしまって元に戻るという繰り返しです。 何かダイエット方法が流行ると試してみるのですが、どれも長続きする事はなく、最初は新鮮な気持ちでとりかかるのですが、結局途中で飽きる事になります。 継続出来たダイエット方法 そんな中で唯一続いてダイエットに成功した方法は、食べて痩せるという方法であり、それまでは基本的には過剰に運...

6つに腹筋を割るために、まずやるべき基礎運動
未分類 / 2016年7月21日

誰もが憧れるのが6つに割れた腹筋です。 夏が近づけば肌の露出も増えますから、メタボなお腹であれば、尚更、お腹(腹筋)をどうにかしたいと考えます。 腹筋トレーニングをして腰痛を悪化させる人もいますから、まずは腹筋を知り、腹筋運動をする前に基礎運動を身に付けるのが良いです。 腹筋は元々、6つに割れている 6つに腹筋を割るための筋力トレーニングをする上で、まず知るべきは、腹筋は元々割れてるということです...

年に一回行う2週間で3kg痩せるダイエットの方法!
未分類 / 2016年7月14日

酵素ダイエットは、ここ5年間ぐらい毎年一度は行っている方法です。酵素ドリンクを食事一食分に置き換えるという手軽さなのにダイエット効果が非常に高く、だいたい2週間も行えば確実に3、4キロのダイエットが可能なので好んで行っています。 私の場合は、とても太りやすい体質でちょっと油断をして甘いものや脂っこいものを食べ過ぎたり、運動不足が続いたりするとすぐに2、3キロ簡単に体重が増えてしまう傾向にあります。...

青汁を飲んで得られた3つのメリット
未分類 / 2016年7月12日

青汁を飲んでいて得られたメリットについてお伝えしていきます。 青汁は便秘改善に効果的 青汁を実際に飲んでみて、強く体感することが出来たメリットは便秘改善にとても強い効果が有る点です。 以前からとても便秘しやすい体質で悩んでいたのですが、青汁を続けて7日程度ほどするとお通じがとても良好になり、お腹の張りに悩むことも減って助かっています。 便秘でお腹が張ってしまったり、結構ガスが溜まりやすくて困ってい...

妊娠中とてもつらかった便秘…私が解消したその方法とは?
未分類 / 2016年7月10日

妊娠したときにとても辛かったのはやっぱり便秘だったなーと思います。 もともと妊娠する前から便秘がちで、お通じがないなと思ったらすぐに市販の便秘薬(腸のぜん動運動を促すタイプの、効果の強いもの)を使っていたのですが、さすがに妊娠中は薬はまずい、と思い、当然ですが飲めませんでした。 でも結局3日出ず4日出ず…でお腹も重たくなってきてあまりにつらく、ネットでありとあらゆる便秘対策を調べ、色々と試してみま...

目元の悩み「くま」のは保湿成分が配合されたアイクリームで解消!
マインド / 2016年6月25日

30代後半や40代以上にもなると、目元の小じわ(通称ちりめんじわ)が気になってきます。小じわになる原因は乾燥や紫外線による影響が大きいです。ですから、目元の乾燥を防げるアイクリームでしっかり保湿することが必要です。ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が目元の小じわに働きかけ、肌にハリを与え、若々しい印象になれます。ほとんどの見た目年齢の印象は目元で決まると言われているのでこの部分の悩みというのは...

妊活も過ぎ去ればあっという間だった
未分類 / 2016年6月14日

  なかなか子どもに恵まれず、病院に2年ほど通っていました。 最初は出産も取り扱う産婦人科でした。人工授精を何度か行いましたが、妊娠には至ることはありませんでした。排卵前には薬を飲んだり、注射に通ったりしました。注射を打つ痛みの辛さよりも、仕事との両立に辛さを感じていました。 そして、院長先生の勧めもあり、次は不妊専門の病院へ転院。 ここからはあっという間に過ぎ去っていきました。以前の病...

つわりは食事でしっかりと対策しよう!
未分類 / 2016年6月11日

つわりは本当にしんどい、妊娠初期の試練ともいえるものです。しかし、この時期は胎児の形成に重要な時期なので、無理な食事や食べ物の摂取は避けたいもの。 ここでは、気をつけたいいくつかのポイントをご紹介しましょう! 毎日の食事は1日3回、決まった時間に食べるように心がけましょう。 食事と食事の間隔があいてしまうと、空腹感がましてついついいつもより食べ過ぎてしまいます。また、胎児に定期的に栄養を送ることも...